中国経済一覧丨中国大陸と香港の「南行き」債券取引が開始
21世纪经济报道 21财经APP
2021-09-17

中国経済一覧へようこそ。

欢迎收听中国经济速览。

中国大陸と香港の債券市場の共同発展を促すため、中国人民銀行(中央銀行)と香港金融管理局(HKMA)は15日、共同声明を発表し、中国大陸と香港債券市場の相互連結を目指す協力メカニズムである「債券通(ボンドコネクト)」の「南行き」協力を許可することを明らかにしました。

「南行き」というのは大陸部の機関と投資家が大陸部と香港の基礎サービス機関とのリンクを通じ、香港債券市場に投資するメカニズムのことを指しています。24日から開始する予定です。

中国人民銀行が「南行き」について発表したところによりますと、要求を満たした中国国内の投資家は「南行き」を通じて債券の投資を行うことが可能となります。対象となる債券は海外で発行され、香港の債券市場で取引されるすべての債券です。

「南行き」クロスボーダー資金流出の金額について、年間総額と単日総額はそれぞれ最高5000億元と200億元に定められています。

「債券通」メカニズムには「北行き」と「南行き」が含まれています。「北行き」は2017年7月から始まりました。「北行き」の開始前、海外の投資家が保有する中国債券のネットポジションは約8500億元でした。これまでに、その金額は3兆8000億元に達しており、年間成長率は40%を超えています。

中国人民银行、香港金融管理局9月15日联合公告称,“南向通”将于2021年9月24日上线。所谓“南向通”,是指境内投资者经由内地与香港相关基础服务机构在债券交易、托管、结算等方面互联互通的机制安排,投资香港债券市场交易流通的债券

额度方面,“南向通”跨境资金净流出额上限不超过年度总额度和每日额度。目前,“南向通”年度总额度为5000亿元等值人民币,每日额度为200亿元等值人民币。中国人民银行根据跨境资金流动形势,对“南向通”年度总额度和每日额度进行调整。

“债券通”于2017年7月推出,当年7月3日,“北向通”正式落地运行。央行数据显示,“北向通”开通前,境外投资者持有我国债券约为8500亿元人民币。截至目前,这一规模已经达到3.8万亿元人民币,年均增速超过40%。

今日の中国経済一覧は以上となります。

今天的《中国经济速览》就到这里结束。感谢收听。

編集長: 于暁娜

編集: 李艶霞、李瑩亮

アナウンサー: 張然

執筆: 張然、李瑩亮

プロデュース:向秀芳

音声編集: 張然

デザイナー: 鄭文静、廖苑妮

スペシャルサンクス:関玲

编委:  于晓娜

策划、编辑:李艳霞、李莹亮

播音:张然

撰稿:张然、李莹亮

监制:向秀芳 

音频制作:张然

设计:郑文静、廖苑妮

特别鸣谢:关玲

(作者:张然 编辑:李艳霞,李莹亮)